アトリナ

術中ナビゲーションならアトリナ

アトリナは、ziostation2で作成した3Dボリュームデータを取り込み、タブレット上で直感的に3Dを操作できるソフトウエアです。術中、滅菌カバーをかぶせたタブレットを、執刀医もしくは第一助手の横に置くことで、直接指で触れて、簡単に術野に合わせた3D画像をリアルタイムに再構成表示できます。

基本性能

ソフトウエア(アトリナ)をタブレットPCにインストールすることで、画面タッチ操作ができます。
3D画像の拡大/縮小、および回転、2D画像のスライス送り、臓器や脈管の非表示や半透明表示などが指で直感的に行えます。もちろんマウスでの操作も可能です。また、タブレットペンを使って曲線カッティングも可能です。
また、タブレットから外部モニタへの出力が可能です。
アトリナは、各種の立体視用フォーマット出力ができるので、3Dモニタに接続することで術中立体視3D画像ナビゲーションが行えます。
アトリナ画面

有用な機能

手術の流れに沿った複数の3D画像を予め登録し、術中ワンタッチで必要な3D画像を呼び出せます。
呼び出した画像から、回転や拡大、半透明表示や非表示等の操作ができます。
また、手前の邪魔な脈管のカッティング、2D画像のサジタル/コロナル画像ワンタッチ切替え表示、3D画像と2D画像の連携表示、3Dモニタに出力できる立体画像出力、ボロノイ法による支配領域計算、3D画像の2面表示、発表用画像出力機能、等有用な機能が豊富です。