製品情報

3D医用画像処理ワークステーションziostation2

ziostation2は、CTやMRIなどのモダリティから得たボリュームデータを画像処理し、3次元表示や定量解析を行うことで日々の診断を強力にサポートする医用画像処理ワークステーションです。画質と速度を追い求めて進化を続けて、その高度な機能を洗練させ、検査や目的に合わせた高度な画像処理・解析も日常検査に無理なく組み込むことが可能です。

基本性能

頭頸部や下肢などワンクリックでの骨除去がziostation2になり、大幅に精度向上。目的の血管を抽出するエクステンダー機能も搭載し、誰でも簡単に実用的な3D解析が可能になりました。さらに、自動前処理機能とカスタマイズによるマクロ機能によって、ご施設毎に最適なワークフローをご提供可能です。

  • 骨除去のキャプチャー画像

    骨除去

  • エクステンダーのキャプチャー画像

    エクステンダー

  • 自動前処理機能の概要図

    自動前処理機能

  • マクロ機能のキャプチャー画像

    マクロ機能

アプリケーション

大腸解析やCT/MR循A環器アプリケーション、MRトラクトグラフィーなど、最新の部位別解析アプリケーションをご提供しています。

  • CT大腸解析のキャプチャー画像
  • CT冠動脈解析2のキャプチャー画像
  • MR心機能解析2のキャプチャー画像
  • CT/SPECT心臓フュージョンのキャプチャー画像
  • トラクト/CTフュージョンのキャプチャー画像
  • CTボリューム血流解析のキャプチャー画像
  • CT血流解析2のキャプチャー画像
  • CT肝臓体積測定のキャプチャー画像

システム構成

画像処理ワークステーション、DICOMサーバの組み合わせにより、柔軟で拡張性に優れた3Dネットワークを構築することが出来ます。院内端末への配信はもちろん、iPadなどのモバイル端末からも画像閲覧が可能です。

システムの構成イメージ